ニルヴァーナプロジェクト

クラシックピアノと電子音楽
グランジとの融合

ニルヴァーナプロジェクトは、ピアニストのAyseDeniz(アイシェデニーズ)の指とイヴァン・ショポブ(Ivan Shopov)のビートを通して、カート・コバーン(Kurt Cobain)の世界への旅にあなたを連れて行く1時間のコンサートです。  アイシャデニーズの「 ニルヴァーナプロジェクト」は、1994年に亡くなったバンドリーダーの最後の5年間を、ダンスと音楽のパフォーマンスで舞台上に生き返らせる舞台劇として考案されました。

オンラインプラットフォームのMeanderは、クラシカルピアニストのAyseDenizを「音楽の天才にほかなりません」と表現しています。彼女の才能は否定できず、彼女の独創性は称賛に値します。

「ニルヴァーナプロジェクト」は、グランジバンドのニルヴァーナの最も有名なトラックの見事な解釈であり、彼女自身の伝統的でクラシカルなテクニックを最も本格的でノスタルジックな方法で巧みに取り入れています。カート・コバーンの個人的な日記や音楽のモチーフからインスピレーションを得たAyseDenizのプロジェクトは、カート・コバーンの人生の最後の5年間を反映しており、彼の精神を象徴し、妻、子供、そして彼が書いた音楽の登場人物にまで及んでいます。

インタビュー ( BBC U.K. )

ドイツの新聞TazAyseDenizを称賛

AyseDenizが書いた3つのオリジナル曲を含む連作歌曲が最近アルバムとして登場しました。 「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」や「イン・ブルーム」のようなニルヴァーナのクラシックは、主に減少したビートに支えられたピアノの再解釈として聞くことができます。 Tazは、AyseDenizの「ニルヴァーナプロジェクト」は、プログレッシブロックシーンから高い評価を得ている、長年にわたる彼女の自由で実験的な音楽へのアプローチの優れた例であり、革新的でユニークな再解釈として認められるに値すると結論付けています。