ピンク・フロイドクラシックコンセプト
アルバム

ピンク・フロイド クラシック コンセプト Pink Floyd Classical concept

ピンク・フロイド クラシック コンセプト Pink Floyd Classical concept

何年にもわたって、ピンク・フロイド(Pink Floyd)の曲のカバーバージョンは(少なくとも)何千もありました。しかし、最近、そのバンドの3つのトラックへの新しいアプローチが、クラシカルな世界の想像力を獲得しました。若いトルコのピアニストであり、王立音楽院を卒業したAyseDeniz Gokcin(アイシェデニーズ・ゴクチン)は、フロイドの音楽を「Lisztian(フランツ・リストの曲を演奏する人)」の方法で演奏したのです。

–ピンク・フロイドの公式Facebookページ

このアルバムは当初、フランツ・リストの200周年を祝うために、ファンタジア(Pink Floyd'Lisztified ':Fantasia Quasi Sonata)の形で書かれた3つのピンク・フロイドの曲のアレンジから始まりました。それらは彼の遺産、彼のショーマンシップ、彼の哲学的アイデア、そして彼の作品に影響を与えた芸術と文学にインスパイアされました。他の「カバー」とは異なり、私のアレンジは元の曲から発展し、独自の形を取り、プロジェクトをピンク・フロイドとフランツ・リストの音楽の「浸透」にしました。

これらの3曲(Hey You、Wish You Were Here、Another Brick in the Wall)がこのコンセプトアルバムの種でしたが、新しいアレンジはまったく異なる形で発展しました。それらはより大胆で実験的であるという意味で、「ピンク・フロイド」の「'Lisztified': Fantasia Quasi Sonata」からさらに離れています。

これらのアレンジの背後にある主な原動力は、ピアノをオーケストラとして見るというリストのビジョンでした。これにより、さまざまな音を探求し、ロック楽器を模倣し、既存の楽器を操作して新しいハーモニーを作成するようになりました。また、ショパン、バッハ、ドビュッシー、コリリアーノなどの他の作曲家からも刺激を受けました。

ピンク・フロイドのコンセプトアルバムやリストの交響曲のように、トラックは最初から最後まで途切れることなく聴くことができます。それらは、ピアノによって表現される主人公の旅の物語です。ピアノは、人生のさまざまな段階を経て、さまざまな内面の闘争(郷愁、愛、疎外、アイデンティティの探求)に直面し、世界の問題(戦争、政治、消費主義、教育システムの誤り)を目撃します。

サウンドデザインは、これらのエフェクトとアコースティックピアノのサウンドを並置することで、現実とフィクション、自然と産業、過去と未来といったお互いにバランスをとっている人生の両極間の相互作用のシンボルとして機能し、これらのステージを表現し、パラレルワールドを作成する上で大きな役割を果たします。サウンドは、録音されたピアノトラックを逆方向に微調整、ストレッチ、再生し、その上にデジタル楽器のレイヤーを追加することによって作成されます。


すべての新曲は、私のピンク・フロイドの「 'Lisztified': Fantasia Quasi Sonata  」について聞いた後、私のFacebookページで私に連絡してくれた世界中のピンク・フロイドファンによって選ばれました。インタラクティブなプロジェクトで、たくさんの人からたくさんのサポートをいただいたことは、間違いなく私の最大の励ましでした。ありがとう!
- AyseDeniz Gokcin

インタビュー ( BBC U.K. )

ピンク・フロイドのクラシカルなコンセプトショー

ピンク・フロイドクラシックコンセプトは、2013年12月にアルゼンチンで初演されました。
 
これは、コンピューターで操作されたピアノの実際の録音から作成された、ケビン・ブライス(Kevin Bryce)による雰囲気のある効果音を使用したソロのクラシックピアノコンサートです。

オンラインでファンが選んでフルアルバムにしたピンク・フロイドの10曲のアイシャデニーズのクラシックアレンジは、主にフランツ・リストにインスパイアされています。彼女のトリビュートファンタジー「Pink Floyd Lisztified: Fantasia Quasi Sonata」には、グループで最もよく知られている以下の曲が含まれています。Hey You, Wish You Were Here, Another Brick in the Wall。

アルバムの他のトラックのいくつかは、バッハ、チャイコフスキー、ショパンにインスパイアされており、彼らの音楽的動機への小さなヒントが含まれています。

ショーはエクアドル、ポルトガル、イタリア、トルコ、英国、ブルガリアを含む世界をツアーとして周りました。